つめ水虫 症状

つめ水虫の症状について

つめ水虫症状について■

つめ水虫とはその名の通り、つめに発生する症状のことを言います。

かゆいという印象がありますが、爪の場合はかゆみとはあまり関係がないようです。
そして、最近ではこのつめ水虫になる人の数も増えているのだとか。



【つめ水虫の症状】

つめ水虫の症状としての第一段階は爪が白く濁る、厚くなってくる、形が変わってくるなどの症状が挙げられます。

さらに症状が進んでくると、爪がもろくなってボロボロと欠けるような現象が起きます。

症状の最終形としては、ボロボロと欠けてくる段階からさらに形が変わり、靴を履くときなどに痛みを感じるようになります。


普通の症状と比べた時には、一般的に、つめ水虫の方が重い症状だという認識が持たれています。
例えば足に症状があらわれた次に、爪に症状が出てくることがあるようで、症状がどんどんひどくなるにつれて、爪にも症状があらわれるということが多いようです。

また、特に親指の爪から発症する場合が多くを占めているのだとか。



【PR】家でコッソリ爪水虫を治すことが可能になりました!!



▲TOPへ戻る

Powered by Seesaa

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。